法人契約に関するお問い合わせ
0120-917-550

Media

ミライ工事メディア

シャルトル大聖堂について|美しいステンドグラスを備えた世界遺産

この記事をシェアする

こんにちは。ミライ工事メディアです。今回は世界遺産であるシャルトル大聖堂について紹介します。

 

シャルトル大聖堂とは

シャルトル大聖堂はフランスの首都パリからおよそ87kmほど離れた都市シャルトルに位置し、フランス国内において最も美しいゴシック建築のひとつと考えられています。

1979年に世界遺産に登録されました。全長113m、南北32m、東西46mの大きさを持ちます。

シャルトル大聖堂

 

シャルトル大聖堂の建築様式

シャルトル大聖堂は建物の一部分が異なる建築様式を持つ、独特な建築様式となっています。

1130-1150年頃に西正面部分が作られましたが、当時はロマネスク様式でした。シャルトル大聖堂は元々はロマネスク様式の建築だったのです。

ロマネスク様式は初期ゴシック様式とも呼ばれ、「ローマ式」に由来し、古代ローマ文化の影響を受けている建築様式です。

小さな窓や半円アーチが特徴となっています。

1194年に起きた火災で、南塔と聖堂の一部を残して焼け落ちてしまいました。

その後、再建の際に北塔はロマネスク様式ではなくゴシック様式が採用されました。ゴシック様式は天井の高さやステンドグラスの入った窓が特徴的な建築様式です。ロマネスク様式の要素を発展させた明るい様式となっています。

南塔はロマネスク様式、再建された北塔はゴシック様式であることから、西正面から見ると異なる様式の塔が並んで見えます。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b8/Facade_cathedral.jpg

左側がゴシック様式の北塔、右側がロマネスク様式の南塔

 

シャルトル大聖堂の役割

現代ではシャルトル大聖堂は旅行をする人々にとっての、人気の観光名所となっています。

完成当時のシャルトル大聖堂はシャルトルの経済の中心であり、ランドマークでもありました。

北端側で織物、南端側で燃料・野菜・肉類と、異なる入り口で異なる品目を売る市場の場としても機能していました。

また、職に困った人たちが大工や石工などの仕事を探しに聖堂に集まるようにもなりました。

麦角中毒と呼ばれる疫病が蔓延し、犠牲者が多く出たときは北側の地下聖堂が病院の役割を持っていたこともありました。

中世では、聖堂学校としても機能し、教育システムが構築される受け皿となりました。その後に修道院学校となり、学問の研究施設のような役割も持っていました。

シャルトル大聖堂はただの大聖堂ではなく、出来事や時代背景に応じて、様々な役割を持っていたのです。

 

シャルトル大聖堂の特徴

シャルトル大聖堂は外部、内部にステンドグラスでできた作品が多くあります。

ステンドグラスは鉛を用いて着色ガラスの小片を結合し、絵や模様を表現したものです。外部からの透過光で見るため、人の目に非常い美しく映ります。

シャルトル大聖堂はステンドグラスでできたバラ窓が特に有名です。多弁な薔薇のような形をした円形のステンドグラスとなっています。

このステンドグラスに使われた深い青は「シャルトル・ブルー」と呼ばれています。

 

まとめ

今回はシャルトル大聖堂についてまとめました。

ミライ工事メディアでは国内外の素晴らしい建築物や建築の豆知識についてまとめています。

気になったら他の記事も見てみてくださいね!

またミライ工事は工事写真アプリを手掛ける会社です!

こちらも気になればダウンロードしてみてください!

この記事をシェアする

工事写真台帳アプリならミライ工事へ

カテゴリー一覧

ミライ工事について

  • Apple Store版をダウンロード Google Play版をダウンロード

モバイル×クラウドで完結

「ミライ工事」は、工事写真台帳を作成するための電子黒板付きアプリです。

撮影〜台帳を印刷するまで、スマホのボタン一つの操作のみ。

クラウドサービスなので、写真データの受渡しは不要で
異なるスマホ、タブレット、パソコンから同一の写真データを編集できます。
複数人での同時編集により、報告書作成までの作業時間が短縮され、
リアルタイムでの進捗確認が可能になります。

スマホでそのままPDF出力し、台帳の仕上がりもすぐに確認。
そのままお客様にもスマホからデータを共有できます。

台帳のエクセルでの出力もパソコン(WEB版)から可能です。

OK

オフラインモードへの自動切替で、
いつでもどこでも現場写真を撮影可能に!

また、クラウド同期オフモードでは、電波の強弱によらず写真報告書を編集できます。

自動アップロードのオン/オフを活用すれば通信量を節約。Wifi環境でのみ写真をアップロードする運用です。

OK

事務作業の手間をもっと効率化

テンプレート台帳機能を使えば、あらかじめ入力したテキスト内容が、
撮影時の電子小黒板に自動的に反映され、現場での黒板準備に要する手間や時間が削減されます。

これにより、写真台帳を作成するうえで担当者にかかるストレスを大きく削減します。
特に撮影から台帳作成まで2名以上が携わる運用で大きな効果を発揮します。

手順としては台帳のテンプレートを作成して、台帳新規作成時にコピーできます。
台帳の文章が電子黒板に反映され、現場では写真の差し替え撮影だけで済みます。

OK