法人契約に関するお問い合わせ
0120-917-550

Media

ミライ工事メディア

ドブロブニクについて知る【世界遺産・旧市街観光】

この記事をシェアする

こんにちは。ミライ工事メディアです。今回は世界遺産であるドブロブニクの特徴や歴史について紹介します。

 

ドブロブニクの特徴

ドブロブニクは、W杯2022で3位の成績を収めたクロアチアの南海岸にある都市です。

また、ジブリ映画「紅の豚」や「魔女の宅急便」のモデルになった都市ともいわれています。

クロアチアがモデルになったと噂されるジブリ映画3選

「アドリア海の真珠」と呼ばれ、綺麗な海、街を見れることから地中海で人気のある旅行先の一つです。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/08/Dubrovnik3bqw.jpg/1920px-Dubrovnik3bqw.jpg

 

ドブロブニクの歴史

昔のドブロブニクはでした。

395年にローマ帝国は東西に分裂し、西ローマ帝国はゲルマン民族の手によって、476年に消滅しました。

ドブロブニクは西ローマ帝国が崩壊したあと、スラブ人の襲撃から逃れてきたラテン人の居住区となりました。

そして、入江を挟んでスラブ人と対立する形での暮らしが続いていました。

12世紀後半になるとスラブ人、ラテン人との争いは消え、入江が埋め立てられ、平和な半島になりました。

その埋め立てられた入江が現在のプラツァ通りであり、かつての対立の象徴だった場所は、現在では2つの民族をつなぐ平和の象徴となっています。

https://images.unsplash.com/photo-1661273357084-98d61ea48b67?ixlib=rb-4.0.3&ixid=MnwxMjA3fDB8MHxwaG90by1wYWdlfHx8fGVufDB8fHx8&auto=format&fit=crop&w=687&q=80

 

アドリア海の真珠に込められた意味

ドブロブニクはかつて、イタリアのヴェネチアに並ぶほどの港湾都市国家でした。

港湾都市は、物資の集散地点の役目を果たすため、港にある商業交易の重要地点として栄えた都市のことを指します。

商業の要となっている地域は、多大な利益を得られる故に、常に侵略の危機にも瀕していました。

そのため地中海の沿岸では防備に有利な自然の要塞として陸から近い島が役割を持って発展しました。

ドブロブニクはその美しさから「アドリア海の真珠」と呼ばれていますが、自然の要塞が「貝殻」のように例えられることも、意味が込められていると解釈できます。

https://images.unsplash.com/photo-1626699748984-47d6942751ca?ixlib=rb-4.0.3&ixid=MnwxMjA3fDB8MHxwaG90by1wYWdlfHx8fGVufDB8fHx8&auto=format&fit=crop&w=1171&q=80

 

なぜ屋根はオレンジ色なのか?

ドブロブニクの綺麗な景色の構成要素には、旧市街にある建物の、瓦屋根の色も挙げられます。旧市街の建物は屋根がオレンジ色のものが多く、海の青に対照的な赤が入り、美しい光景を構成しております。

1991年に旧ユーゴスラビアが崩壊した後、民族紛争による内戦が勃発しドブロブニクは砲撃を受け、多くの建物が崩壊されました。

そのため、ドブロブニクの旧市街は世界遺産でしたが、1991年~1998年の間は危機遺産として登録されていました。

内戦が治まると、ドブロブニクは世界中から復興支援を受けたことで短期間の復興を遂げることができました。

その際に内戦で砲撃を受けた建物は新しい瓦に葺き替えられたため、綺麗なオレンジ色となっています。

https://images.unsplash.com/photo-1626700548378-4e0bbd2895fd?ixlib=rb-4.0.3&ixid=MnwxMjA3fDB8MHxwaG90by1wYWdlfHx8fGVufDB8fHx8&auto=format&fit=crop&w=1171&q=80

 

まとめ

今回はドブロブニクについてまとめました。

 

ミライ工事メディアでは国内外の素晴らしい建築物や建築の豆知識についてまとめています。

気になったら他の記事も見てみてくださいね!

またミライ工事は工事写真アプリを手掛ける会社です!

こちらも気になればダウンロードしてみてください!

この記事をシェアする

工事写真台帳アプリならミライ工事へ

カテゴリー一覧

ミライ工事について

  • Apple Store版をダウンロード Google Play版をダウンロード

モバイル×クラウドで完結

「ミライ工事」は、工事写真台帳を作成するための電子黒板付きアプリです。

撮影〜台帳を印刷するまで、スマホのボタン一つの操作のみ。

クラウドサービスなので、写真データの受渡しは不要で
異なるスマホ、タブレット、パソコンから同一の写真データを編集できます。
複数人での同時編集により、報告書作成までの作業時間が短縮され、
リアルタイムでの進捗確認が可能になります。

スマホでそのままPDF出力し、台帳の仕上がりもすぐに確認。
そのままお客様にもスマホからデータを共有できます。

台帳のエクセルでの出力もパソコン(WEB版)から可能です。

OK

オフラインモードへの自動切替で、
いつでもどこでも現場写真を撮影可能に!

また、クラウド同期オフモードでは、電波の強弱によらず写真報告書を編集できます。

自動アップロードのオン/オフを活用すれば通信量を節約。Wifi環境でのみ写真をアップロードする運用です。

OK

事務作業の手間をもっと効率化

テンプレート台帳機能を使えば、あらかじめ入力したテキスト内容が、
撮影時の電子小黒板に自動的に反映され、現場での黒板準備に要する手間や時間が削減されます。

これにより、写真台帳を作成するうえで担当者にかかるストレスを大きく削減します。
特に撮影から台帳作成まで2名以上が携わる運用で大きな効果を発揮します。

手順としては台帳のテンプレートを作成して、台帳新規作成時にコピーできます。
台帳の文章が電子黒板に反映され、現場では写真の差し替え撮影だけで済みます。

OK