プランに関するお問い合わせ
0120-917-550

COLUMN

お役立ちコラム

50現場を管理者6名で確実に情報共有する。  | 旭ブロック建設 株式会社様

この記事をシェアする

─創業65周年を迎える「エクステリア・環境整備企業」


当社は、建築コンクリートブロック製造販売業者として昭和32年に高知県で創業しました。現在は、建設業・製造業・エクステリア資材の販売/施工業を主たる事業としています。

建設部門においては、建築元請工事から公共土木工事、公園整備工事等まで幅広く手掛けさせて頂いております。

「ミライ工事」アプリは主にエクステリア工事部門で活用しており、この部門では、大手のハウスメーカー様、県外・県内の大手ゼネコン様 が主なお得意先様になります。

ミライ工事アプリを活用した お客様とのコミュニケーション
(DX推進担当者 工事部 宮本部長)

─紙・電話・FAXでの情報共有がミスの原因にもなっていた


業務における事務作業でもっとも大きな課題だったのは、工事管理者と現場間での作業連絡など情報共有に関する問題でした。

紙・電話・FAX を使ったやり取りが主流であり、撮影した写真、プリントアウトしたものを工事管理者が現場に行って直接手渡しするなどの業務運用もありました。

メールでのやり取りは現場作業に対し、非効率的な環境でしたので、現場と資料を共有するには 「紙で渡すか、電話して口頭で指示をするか」の方法でした。

このような業務体制においては、必要な作業指示や、安全喚起がうまく伝わらないこともあり、経営層・部門責任者ともに、解決すべき課題として問題視しておりました。

本社に隣接した「エクステリア資材ヤード」も保有

─複数のサービスを試した結果、ミライ工事にたどり着いた


そこで「業務DX化」を社内で検討し、ミライ工事と他のアプリを並行して検証しました。

トライアル検証では、環境スポーツ部門とエクステリア工事部門の両部門で、各サービスを2週間ずつテスト運用・相互検討を行いました。

その結果、早期に経営判断を行い、ミライ工事を導入するという結論に至りました。

もう一方のアプリも優れてはいたのですが、ミライ工事は台帳単位で管理ができる点、ユーザーインターフェースに優れている点、そして、費用が完全月額制で初期費用を必要としない点から、導入を決断致しました。

さらにミライ工事は、開発会社と「相互に話し合える体制」が整っており、我々のような中小規模のユーザー要望が反映されやすいと感じています。これも採用の大きな要因のひとつとなりました。

自社製造品・大手メーカー品を中心とした「一括施工体制」が強み

─わずか6名の管理者で「50現場」の情報共有を確実に!


ハウスメーカー様の一次下請けの場合、各社様で用意されたプラットフォームがあるため

自社での工事写真台帳の作成は必要ありません。ミライ工事は「工事写真台帳アプリ」ではありますが、当社では少し異なる形で、運用・活用しております。

当社では常時50現場程度が稼働し、これを6名の人員で施工管理しています。現場に対する連絡方法や指示内容は、工事管理者ごとに属人化している状態でした。

それが 「ミライ工事」を導入することで、同じプラットフォームでやり取りできる環境が整備されつつあります。工事に関する注意事項の伝達や、施工安全上の注意喚起など、リアルタイムで統一された情報を共有できるようになりました。

必ずしも印刷する必要がない情報は、アプリ上で画像やPDFを確認するという、業務フローを組み立てた結果、「仕事に必要な情報共有のムダ」 が無くなり、新しいアプローチが始まったと大いに期待しております。

まさに、部門を挙げて常々実現したいと願っていた 「新しい仕事のカタチ」であります。

─従業員教育を考える企業にお勧めの「ツール」


施工管理アプリは、部門長や管理者というよりも現場との一体運用が定着することで、より大きな効果を発揮すると思います。

部門全員が利用することにより、情報の「時間差」がなくなりますし、必要業務が円滑になることは、業務管理体制及び、従業員の意識向上にも影響が出ます。そのような改善を検討している企業様には「ミライ工事」をお勧めできると考えております。

住宅外構工事の施工現場

また当社ではミライ工事をOJTツールとしても活用しています。新入社員がアプリに記録された情報を見れば、仕事上の経験則や、ノウハウをいち早く吸収することができます。

─今後の展望


日頃の業務のやり取りが記録されることによって、施工管理のノウハウが自ずとストックされていくような体制をつくりたいと考えています。

「DX化」という言葉は既に広く浸透していますが、自動的にそのような状態ができあがっていく組織運用を構築し、業界のロールモデルとなることを目指してまいります。

エクステリア工事の施工現場

当社には主たる事業部門が4つございます。部門ごとにお客様様から求められるご要望も様々です。そのような中で、あらゆる状況に対応して、スピード感を持ち、「お客様のご要望に迅速にお応えできる企業になる」というのが、全社共通の目標としております。

─ありがとうございました。

この記事をシェアする

資料無料
ダウンロード

ミライ工事の機能や導入企業様のご紹介などを記載した資料をすぐにご確認していただけます。
必要事項をご記入の上、ダウンロードしてください。

お電話でも承ります。お気軽にご連絡下さい。
0120-917-550 (平日9:00~17:00)

この資料でわかること

  • ミライ工事の基本的な機能
  • 活用メリット
  • 機能一覧と価格体系
  • 導入企業の活用事例

    個人情報の取り扱いについてをお読みいただき、同意の上ダウンロードください。

    Document Download

    工事写真台帳アプリならミライ工事へ

    モバイル×クラウドで完結

    「ミライ工事」は、工事写真台帳を作成するための電子黒板付きアプリです。

    撮影〜台帳を印刷するまで、スマホのボタン一つの操作のみ。

    クラウドサービスなので、写真データの受渡しは不要で
    異なるスマホ、タブレット、パソコンから同一の写真データを編集できます。
    複数人での同時編集により、報告書作成までの作業時間が短縮され、
    リアルタイムでの進捗確認が可能になります。

    スマホでそのままPDF出力し、台帳の仕上がりもすぐに確認。
    そのままお客様にもスマホからデータを共有できます。

    台帳のエクセルでの出力もパソコン(WEB版)から可能です。

    OK

    オフラインモードへの自動切替で、
    いつでもどこでも現場写真を撮影可能に!

    また、クラウド同期オフモードでは、電波の強弱によらず写真報告書を編集できます。

    自動アップロードのオン/オフを活用すれば通信量を節約。Wifi環境でのみ写真をアップロードする運用です。

    OK

    事務作業の手間をもっと効率化

    テンプレート台帳機能を使えば、あらかじめ入力したテキスト内容が、
    撮影時の電子小黒板に自動的に反映され、現場での黒板準備に要する手間や時間が削減されます。

    これにより、写真台帳を作成するうえで担当者にかかるストレスを大きく削減します。
    特に撮影から台帳作成まで2名以上が携わる運用で大きな効果を発揮します。

    手順としては台帳のテンプレートを作成して、台帳新規作成時にコピーできます。
    台帳の文章が電子黒板に反映され、現場では写真の差し替え撮影だけで済みます。

    OK