法人契約に関するお問い合わせ
0120-917-550

COLUMN

お役立ちコラム

建築DXで業務効率化なら無料の工事写真アプリがおすすめ!建築・土木の建設業界でも利用拡大中の理由とは?

この記事をシェアする

「工事写真の管理を効率化したい!パソコンのソフトを使おう!」と考えたことはありませんか?

しかし、以前より販売されていて実績がある工事写真管理の有名なソフトウェアであっても、今すぐ飛びつくには、使用してみて、自社の運用とマッチしないなどのリスクがあります。

そこで、本記事では、工事写真のフリーソフトを選定と活用する際の知っておくべきポイントを、IT技術の視点から説明していきます。

>>早速、工事写真のフリーソフトを活用する際のポイントを知りたい方はこちらをクリックして本題へスキップ

建築アプリはまず工事写真アプリで小規模・無料でスタートがおすすめ


日進月歩のIT技術に対して、本業がITとは別のところにある建設会社や土木会社でや現場監督する方々が、常に最新の事情を把握し続けることは非現実的です。

しかしながら、工事写真の撮影とその管理、お客様への報告書・台帳作成といった業務負荷は膨大です。

そこで、管理職あるいは経営者の方が、この改善に取り組み、デジタル技術を活用した業務効率アップを図りたいと考えるのは自然なことでしょう。

では、どのようにデジタル技術を取り入れていけばいいのでしょうか。

実は、小規模事業体のほうが、先端のデジタル技術を現場業務に取り入れやすいと言われています。

きちんとデータのバックアップを取ることや、ウイルス対策のセキュリティソフトを導入すること、また、情報漏洩に対しての対策などをそれなりに行っておけば、大企業に求められるような大掛かりなシステムを導入する必要はありません。

結論を言うと、工事写真の業務改善のポイントは、フリーから使えるスマホ用の工事写真アプリが最適です。アプリならばスマホで撮影した写真をその場で事務所に送信したり、もしくはアプリ上の操作だけで、現場で写真台帳の作成を完結したりできます。

「アプリなんて大丈夫なの?機能が不足していたりするんじゃないの?」

と心配するかもしれませんが、例えば「ミライ工事」というアプリは現場ユーザーの声から開発されておりシンプルな操作を追及しています。必要十分な機能が使いやすくスッキリと備わっているアプリです。

工事写真アプリ「ミライ工事」について詳しくはこちら

以下のような特徴を持っており、工事写真に関する業務を効率化するのに必要なものはすべて揃っています。しかも、これらをフリーで試せます。

  • クラウドで使える容量 ※工事写真や図面などのファイルの合計
  • 写真やファイルのアップロード/ダウンロード
  • 写真台帳の出力(PDF・Excel)
  • 写真台帳PDFの共有
  • データのバックアップ
  • 国交省主導の信憑性チェック機能
  • テンプレート(台帳)
  • 写真台帳の共同編集
  • トーク(写真以外のファイル共有)
  • 優先的なメールサポート
  • 電話サポート
  • 複数アカウントの組織的登録サポート
  • カスタマイズ開発サポート

高機能なソフトウェアやアプリは色々存在しますが、 本当にメインで使う機能は実際のところ一部に絞られています。また高機能を売りにする工事写真管理ソフトは、初期費用も高くつき、フリーでお試し利用することもできません。

東京のショールームに出かけないと見れない、触れないなど、実際に試すことが難しいモノも少なくありません。

アプリなら、手元のスマートフォンで今すぐダウンロードして、無料版なら今すぐに試してみることができます。

工事写真ソフトの専用タブレットの導入メリット・デメリット


工事写真管理ソフトの中には 、現場での工事写真の撮影や電子黒板用の専用タブレットをセットで販売しているものもあります。防塵防水機能を強化したタフな見た目だったり、手袋を取らずに操作できるタッチペンなどのアクセサリーをオプションとして売っていたりして、とても魅力的です。

標準で付属するショルダーストラップも現場作業に向けて考え抜かれ、工事写真の現場作業には優れた使い勝手を実現しそうです。

しかし、一般的に売っているタブレットとどう違うのか 、搭載されている機能が多岐に渡る工事現場に本当に適しているのか 、よくよく確認した方が吉です。

例えばタブレット自体の性能。セット販売されている多くは、旧世代のレベルのものをカスタマイズして、専用商品としているものが実際のところです。通常販売されているタブレットを、別売りの防水防塵ケースに入れて使用するほうがトータルでコストが安いことは明白です。

また、いざ導入してみて実務に合わなかった場合に中古で売却するようなケースでも、その流動性や換金性が低くなってしまうのもデメリットでしょう。

さらに、データ通信に利用するSIMが入れられないモノもあり、そうなるとタブレットを導入したメリットが薄れてしまいます。

専用の工事写真用タブレットとしての価値を除くと、性能的には旧世代のタブレットであり、しかも専用利用のみで wi-fi やBluetooth といったイマドキ当たり前の無線での連携ができず、有線での連携が前提になる可能性もあります。この場合、割高感は否めません。 

工事写真管理ソフトはパソコンに直接インストールが必要なフリーでも避けるのがおすすめ


IT技術の観点から言うと、パソコンにインストールする形の工事写真管理ソフトウェアはかなり設計思想が古いものです。 パソコンの本体内に大事なデータが保存される形ですと、そのパソコンが故障してしまった場合や交換するときなどにきわめて不便です。「2世代前のIT設計思想」とも言えます。 

「じゃあ何がいいの?」という質問への答えが、「クラウド型」です。

写真データなどの情報は機械の中に保管するのではなく、インターネット上の保管スペース=クラウドに保管するのが利便性・コスト・セキュリティの観点から最善の方法です。

進化の著しいITのようなテクノロジーは、「最新が最善」というのが鉄則です。工事写真の管理や台帳の作成にフリーのソフトやアプリを検討している方は、クラウドを利用したものであるかどうかを判断材料のひとつに加えてください。

フリーの工事写真アプリはスマホやタブレット端末ですぐ試せるためベスト


業務用ソフトの導入は、工事写真アプリに限らず一般に大変時間と手間がかかるものです。 現場で本当に必要な業務を見極めて、過不足ない機能は何か、まずはフリーのソフトやアプリで見極めることが重要です。

一気にフル装備の工事写真ソフトを導入するのではなく、 シンプルに必要機能だけに絞り込まれたモノを、無料で十分な期間試せる工事写真アプリが理想です。

また、期限のないフリー版アプリでも、機能制限があり過ぎて実際の「有料版」の使用感がわからないものは避けるべきでしょう。

そんな懸念を払拭できるおすすめの工事写真アプリが、上述の「ミライ工事」です。

ミライ工事のフリー版、シンプル版、スタンダード版は、写真を保存するクラウドの容量を除けばほぼ同機能です。
さらにプロフェッショナル版、法人向けプロフェッショナル版になると、多機能な要素が増えてきます。

工事写真業務の改善に、大規模なソフトは不要です。

よろしければ是非ミライ工事アプリを今すぐお手元のスマホにダウンロードして無料版を試してみてください。

 

この記事をシェアする

工事写真台帳アプリならミライ工事へ

カテゴリー一覧

お役立ち動画

お役立ち資料

お役立ちコラム

ミライ工事メディア

ミライ工事について

資料無料
ダウンロード

ミライ工事の機能や導入企業様のご紹介などを記載した資料をすぐにご確認していただけます。
必要事項をご記入の上、ダウンロードしてください。

お電話でも承ります。お気軽にご連絡下さい。
0120-917-550 (平日9:00~17:00)

この資料でわかること

  • ミライ工事の基本的な機能
  • 活用メリット
  • 機能一覧と価格体系
  • 導入企業の活用事例

    個人情報の取り扱いについてをお読みいただき、同意の上ダウンロードください。

    Document Download

    モバイル×クラウドで完結

    「ミライ工事」は、工事写真台帳を作成するための電子黒板付きアプリです。

    撮影〜台帳を印刷するまで、スマホのボタン一つの操作のみ。

    クラウドサービスなので、写真データの受渡しは不要で
    異なるスマホ、タブレット、パソコンから同一の写真データを編集できます。
    複数人での同時編集により、報告書作成までの作業時間が短縮され、
    リアルタイムでの進捗確認が可能になります。

    スマホでそのままPDF出力し、台帳の仕上がりもすぐに確認。
    そのままお客様にもスマホからデータを共有できます。

    台帳のエクセルでの出力もパソコン(WEB版)から可能です。

    OK

    オフラインモードへの自動切替で、
    いつでもどこでも現場写真を撮影可能に!

    また、クラウド同期オフモードでは、電波の強弱によらず写真報告書を編集できます。

    自動アップロードのオン/オフを活用すれば通信量を節約。Wifi環境でのみ写真をアップロードする運用です。

    OK

    事務作業の手間をもっと効率化

    テンプレート台帳機能を使えば、あらかじめ入力したテキスト内容が、
    撮影時の電子小黒板に自動的に反映され、現場での黒板準備に要する手間や時間が削減されます。

    これにより、写真台帳を作成するうえで担当者にかかるストレスを大きく削減します。
    特に撮影から台帳作成まで2名以上が携わる運用で大きな効果を発揮します。

    手順としては台帳のテンプレートを作成して、台帳新規作成時にコピーできます。
    台帳の文章が電子黒板に反映され、現場では写真の差し替え撮影だけで済みます。

    OK