COLUMN

お役立ちコラム

海外の大型プロジェクトで日本品質の施工管理を実施  | 太陽工業株式会社マニラ支店様

─フィリピンのマニラ近郊で9つの駅を手がける大型プロジェクト


当社はフィリピンのマニラ近郊において、約35kmにわたる鉄道駅の工事を9つ手がけています。ちょうど今、その内のひとつの1つの駅(ブラカン州)の工事が完了したところです。2024年までに残りの8駅を施工していく予定です。

この他にも南北に伸びる別の路線や、地下鉄の計画もあり水面下で進行中です。これらの工事を含めるとおよそ2025年頃までの長期プロジェクトになります。

現地に常駐している日本人スタッフは2名で、それ以外にも現地スタッフで管理を実施する人員が5名います。加えて協力会社が2社で合計20名ほどの人員を配置しています。

約30名が現場でコミュニケーションを取り、データを共有して、プロジェクトを進めています。

 

─人の移動をスムーズにして現地に働き方改革をもたらす


現在はマニラ首都圏と北部をつなぐ鉄道がありません。よって、現地では通勤時間など、自動車道における渋滞が大きな問題になっています。

有料道路を利用しない場合、2時間以上かかることもあります。

この鉄道プロジェクトが完成すれば自動車道の渋滞が大幅に緩和されることが期待されています。現場では、マニラとその北部の方々の働き方改革にも繋がる、という想いで業務に取り組んでいます。

 

─日報や報告書の作成に時間を要していた


工事現場に伴う事務作業の代表的なものとしては、日報があります。日々の進捗を写真とともに毎日まとめています。

日報とは別に、元請様に提出する報告書の作成業務もあります。

以前は専用のデジカメで撮影した写真をPCに移し、Excelなどで資料を作成していました。大変な手間と時間がかかっていました。

 

─簡潔に記録を残したくてミライ工事を導入


この現場にミライ工事アプリを導入した最大の理由は、記録作業を簡潔化したかったためです。

ミライ工事で撮影された写真には日付や時刻が記載されており、さらにその場で報告書の形に整えられていくため、誰もが簡単に報告できます。

さらに「現場のスタッフ皆で分担したい」という希望がありました。ミライ工事は報告書の作成作業を分担できるクラウド設計なので、複数の人、複数の端末で同じデータを扱えます。

 

─広大な現場内や離れた場所からもリアルタイムに状況確認


現場での利用開始は、ファーストミーティングが終わったところからで、先ほど述べた日報や報告書の作成に用いている他、管理スタッフが工事写真を見ながら現場の進捗確認も行っています。

駅舎は長さ約200m、幅約40mで、さらに周辺の敷地を含めると現場は広大です。同じ現場にいても全部を把握したり、目視で確認することは容易ではありません。離れた場所にいる者同士がアプリを使って写真やテキストでコミュニケーションをとることにより、距離に制限されずに素早い確認ができるようになります。

また管理スタッフがマニラ支店のオフィスにいて現場に直接赴けない場合においても、アプリを通してリアルタイムに現場の状況を確認して、指示しています。

 

─従来のやり方と比べて大幅に効率化


これまではスマートフォンの標準カメラやデジカメで撮影していました。写真データはパソコンに移し替えて、Excelを使って日報や報告書を作成していました。これには物理的な制約もあって大変な時間がかかっていました。

ミライ工事を使うようになってからは、すべての作業がスマートフォン一台で完結するため、作業がとても楽になりました。時間もかからなくなり、明らかに便利になりました。

 

─リアルタイムの情報共有機能が素晴らしい


とにかく情報をより速く、よりラクに共有できるようになった点が特に素晴らしいと感じています。離れた場所にいても現場の状況を皆でリアルタイムに把握できることは大きなメリットです。

WhatsAppやLINEなどを使っても近いことはできるのかもしれませんが、全員が同じグループ内で同じフォーマットを使って効率的にコミュニケーションをとれるという点において、やはりミライ工事が非常に使いやすいと感じています。

 

─海外の現場もITの力で効率化したい


一般的に、海外の現場はまだまだITが進んでおらず、コミュニケーションに課題が残ります。当社においては今後、2駅、3駅と並行して工事が進むと、人員も大幅に増えると予想しています。ミライ工事のような工事写真アプリを使って情報共有が効率化されることは、大変助かります。

特に管理スタッフは、現場の状況や問題の把握に対して一層の精度が求められますので、アプリをますます活用していきたいと考えています。

ミライ工事のように「ムダ」をなくすことのできるアプリが、もっと海外にも広まれば良いと思っています。

 

─ありがとうございました。

資料ダウンロード(無料)

ここからお気軽にダウンロードください


             

    個人情報の取り扱いについてをお読みいただき、同意の上お問い合わせください。


    工事写真台帳アプリならミライ工事へ

    モバイル×クラウドで完結

    「ミライ工事」は、工事写真台帳を作成するための電子黒板付きアプリです。

    撮影〜台帳を印刷するまで、スマホのボタン一つの操作のみ。

    クラウドサービスなので、写真データの受渡しは不要で
    異なるスマホ、タブレット、パソコンから同一の写真データを編集できます。
    複数人での同時編集により、報告書作成までの作業時間が短縮され、
    リアルタイムでの進捗確認が可能になります。

    スマホでそのままPDF出力し、台帳の仕上がりもすぐに確認。
    そのままお客様にもスマホからデータを共有できます。

    台帳のエクセルでの出力もパソコン(WEB版)から可能です。

    OK

    オフラインモードへの自動切替で、
    いつでもどこでも現場写真を撮影可能に!

    また、クラウド同期オフモードでは、電波の強弱によらず写真報告書を編集できます。

    自動アップロードのオン/オフを活用すれば通信量を節約。Wifi環境でのみ写真をアップロードする運用です。

    OK

    事務作業の手間をもっと効率化

    テンプレート台帳機能を使えば、あらかじめ入力したテキスト内容が、
    撮影時の電子小黒板に自動的に反映され、現場での黒板準備に要する手間や時間が削減されます。

    これにより、写真台帳を作成するうえで担当者にかかるストレスを大きく削減します。
    特に撮影から台帳作成まで2名以上が携わる運用で大きな効果を発揮します。

    手順としては台帳のテンプレートを作成して、台帳新規作成時にコピーできます。
    台帳の文章が電子黒板に反映され、現場では写真の差し替え撮影だけで済みます。

    OK