法人契約に関するお問い合わせ
0120-917-550

Media

ミライ工事メディア

彦根城の魅力について解説!【国宝・兵庫県 彦根市】

この記事をシェアする

こんにちは!ミライ工事メディアです。

今回は日本有数の城 “彦根城” (ひこねじょう) について触れていきます!

 

天下の名城の一つである彦根城

彦根城は、滋賀県・彦根市にある、彦根山の上に造られたお城です。

別名、金亀城(こんきじょう)とも言われています!

堂々として美しい姿から観光名所として人気スポットになりました。

彦根城

彦根城

 

彦根城の歴代城主は誰?

彦根城の城主は16に渡り、“井伊氏によって代々継がれてきました。

今回はその歴史を振り返りつつ歴代の城主をまとめていこうと思います!

井伊直政

井伊直政 ©︎wikipedia.org

 

井伊直政が計画

彦根の佐和山城に入城しました。

そこで直政は、新たな城の築城を計画します。

 

その後は井伊氏が15代に渡って彦根城を受け継ぐ

その後、直継が彦根城を作り始め、天守閣を完成させました。その後築城は、2代目の直孝に引き継がれ直孝が彦根城を完成させたため初代の城主は実質、直孝にあたります。
※諸説あり

その後16代に渡り、廃藩置県が行われるまで彦根城は井伊氏が城主を務めました。

井伊直継 1606-1615
井伊直孝 1615-1659
井伊直澄 1659-1676
井伊直興 1676-1701
井伊直通 1701-1710
井伊直恒 1710
井伊直該(直興) 1710-1714
井伊直惟 1714-1735
井伊直定 1735-1754
井伊直禔 1754
井伊直定 1754-1755
井伊直幸 1755-1789
井伊直中 1789-1812
井伊直亮 1812-1850
井伊直弼 1846-1860
井伊直憲 1860-1871

 

 

彦根城は国宝に登録されている

彦根城の中にある彦根城天守は、そのような佇まいから、1952年に国宝に指定されています。

彦根城以外の国宝天守は、姫路城・松本城・犬山城・松江城だけです。

 

そんな彦根城は国宝としてだけではなく、国や市から重要文化財として多数指定されています。

今回はその国指定の文化財たちを見どころとして紹介していきます!

 

彦根城の文化財① 彦根城天守及び多聞櫓

彦根城天守及び多聞櫓は、国指定の重要文化財として指定されています。

1607年に直政が完成させたと言われています。外観の美しさだけではなく、城本来の機能の戦いの強さも十分にあります。

彦根城 天守閣

彦根城 天守閣

 

彦根城の文化財②  彦根城天秤櫓

彦根城天秤櫓は、 大手門と表門からの両坂道を登りつめたところにあります。

この建物は、櫓門部分が廊下橋(戦時に落とす橋)にかかる門として利用されています。

 

彦根城の文化財③ 根城西の丸三重櫓及び続櫓

丸三重櫓及び続櫓は、西の丸の西に建つ櫓です。

この縦ものは西側で一番大きな建物だったので西側の防衛の要として建てられました。

 

彦根城の文化財④ 彦根城二の丸佐和口多聞櫓

彦根城二の丸佐和口多聞櫓は、彦根城東側に立つ建物です。

当時建てられたものは1767年に火災で消失し、今は1771年に再建されたものが残っています。

 

彦根城の文化財⑤ 名勝 玄宮楽々園(玄宮園)

彦根城 北東に位置する庭園です。

中央は泉と大小4つの島があり、さまざまな形式の橋が架けらいます。

園路は、当時園内に存在した4つの茶屋へ誘うように巡っており、玄宮園が茶会を中心とした社交場になっています。

玄宮園

玄宮園

 

まとめ

今回は彦根城についてまとめました。

このメディアでは世界や日本の有名な建築をまとめていますのできになったら他の記事もぜひ観てみてください!

 

 

 

 

私たち “ミライ工事” は 工事写真台帳を現場でつくる無料から使える工事写真アプリ “ミライ工事” を運営しています。

アプリの方もご興味があればぜひインストールしてみてください! 

この記事をシェアする

工事写真台帳アプリならミライ工事へ

カテゴリー一覧

お役立ち動画

お役立ち資料

お役立ちコラム

ミライ工事メディア

ミライ工事について

資料無料
ダウンロード

ミライ工事の機能や導入企業様のご紹介などを記載した資料をすぐにご確認していただけます。
必要事項をご記入の上、ダウンロードしてください。

お電話でも承ります。お気軽にご連絡下さい。
0120-917-550 (平日9:00~17:00)

この資料でわかること

  • ミライ工事の基本的な機能
  • 活用メリット
  • 機能一覧と価格体系
  • 導入企業の活用事例

    個人情報の取り扱いについてをお読みいただき、同意の上ダウンロードください。

    Document Download

    モバイル×クラウドで完結

    「ミライ工事」は、工事写真台帳を作成するための電子黒板付きアプリです。

    撮影〜台帳を印刷するまで、スマホのボタン一つの操作のみ。

    クラウドサービスなので、写真データの受渡しは不要で
    異なるスマホ、タブレット、パソコンから同一の写真データを編集できます。
    複数人での同時編集により、報告書作成までの作業時間が短縮され、
    リアルタイムでの進捗確認が可能になります。

    スマホでそのままPDF出力し、台帳の仕上がりもすぐに確認。
    そのままお客様にもスマホからデータを共有できます。

    台帳のエクセルでの出力もパソコン(WEB版)から可能です。

    OK

    オフラインモードへの自動切替で、
    いつでもどこでも現場写真を撮影可能に!

    また、クラウド同期オフモードでは、電波の強弱によらず写真報告書を編集できます。

    自動アップロードのオン/オフを活用すれば通信量を節約。Wifi環境でのみ写真をアップロードする運用です。

    OK

    事務作業の手間をもっと効率化

    テンプレート台帳機能を使えば、あらかじめ入力したテキスト内容が、
    撮影時の電子小黒板に自動的に反映され、現場での黒板準備に要する手間や時間が削減されます。

    これにより、写真台帳を作成するうえで担当者にかかるストレスを大きく削減します。
    特に撮影から台帳作成まで2名以上が携わる運用で大きな効果を発揮します。

    手順としては台帳のテンプレートを作成して、台帳新規作成時にコピーできます。
    台帳の文章が電子黒板に反映され、現場では写真の差し替え撮影だけで済みます。

    OK