COLUMN

お役立ちコラム

工事写真の撮影にはカメラとスマホのどちらが良いのか?それぞれのメリットを解説

昨今では、工事写真の撮影機材はカメラだけでなくスマホなどの各種スマートデバイス※も選択肢の一つとなります。とはいえ、環境が千差万別な現場ではスマートデバイスを安心して利用できるのか、気になります。

※スマホやタブレッドなど、携帯できて指先で操作できる電子機器の総称を「スマートデバイス」といいます。

この記事では、工事写真の撮影において「カメラ」と「スマートデバイス」それぞれの利点を説明します。各々の現場環境に合わせた機材選びの参考として、ぜひお役立てください。

工事写真の撮影は高性能カメラが理想


工事の現場は常に進みます。状況が変化していくため、並行して記録・報告用の写真を撮影し続けることが求められます。当然、撮影機材を持ち歩くことが多くなります。

そのような状況で撮影機材の故障は致命的ですので、過酷な現場環境や頻繁な取り扱いに対しても耐久性を発揮する高性能なカメラが理想的です。

現場でも安心して使用できるよう、以下の性能を指標としてカメラを選ぶと良いでしょう。順にご説明します。

  • 防水・防塵性能
  • 耐衝撃性
  • バッテリー性能
  • 広角レンズ
  • 操作性や携帯性

防水・防塵性能

工事の多くは屋外作業です。突然の雨天時にも対応できるよう高い防水性を備えたカメラが良いことは言うまでもありません。

工事内容によっては粉塵の影響も考えられます。カメラは精密機器にあたるため、一般的には粉塵には非常に弱いです。そのためカメラの外側カバー保護により防塵性能を高めたものが製造されています。

室内作業においても、多様な工事に携わる場合は、防水・防塵機能が備わったカメラを選ぶことが重要です。

耐衝撃性

高所作業の場合、落下による破損を防ぐため耐衝撃性にも目を向けておく必要があります。各カメラの耐衝撃性は「対落下衝撃性」で表されることが多いです。どの高さから落としても破損・故障せずに使用できるかという基準です。

一般的には、高さ2m超の対落下衝撃性を備えているものであれば高性能といえます。この2mが基準になります。

高所でなくとも、例えば、梁下に手を入れて異物を拾ったりと、前かがみになった際にカメラの思わぬ落下が発生します。一定の耐衝撃性は検討しておくことを推奨します。

バッテリー性能

多くの方は、カメラの充電を習慣化されています。ただし、工事の状況によっては、気づいた時には充電がピンチになっている、という経験はゼロではありません。

撮影のタイミングで充電が切れてしまう事態は絶対に避けなければいけないため、バッテリーが長持ちするに越したことはありません。

カメラによっては充電方式が複数搭載されており、USB端子で充電できるタイプであればモバイルバッテリーを利用できます。

広角レンズ

仮囲いの工事現場では、全景写真など広い範囲が撮影対象となる場合があります。撮影場所が限られる都市部での工事では、カメラの性能として広角レンズを備えていると汎用性が高まります。

広角レンズであれば、人間の目で捉えるよりも広い範囲を撮影することが可能です。通常のレンズと比べても焦点距離が短いため、至近距離から全体をくっきり撮影できる特徴があります。

カメラの「焦点距離」は、短いほど広い範囲を撮影できるため、性能の指標となります。

操作性や携帯性

工事現場では、手袋の着用や足場の悪さなど、円滑な撮影を阻む要因が多く存在します。そのため撮影までの操作ステップが短いカメラや、片手でも扱いやすいカメラを選ぶとストレスが少なくなります。

持ち運ぶことも考慮し、カメラの重量も大切です。機材の重さは意外にも負担になります。手元から落とす恐れや作業効率を低下させる要因にもなり得ます。

カメラでなくスマートデバイスで撮影するメリット


撮影機材の理想は、上記5つの観点で高性能なカメラです。しかしながら、高性能カメラを新しく調達するには相当なコストがかかります。そのため手持ちのスマホ(スマートデバイス)で対応している方も多くいらっしゃいます。

そして、以下のメリットによりスマートデバイスでの撮影を続けていらっしゃいます。

  • 個人用や会社支給のデバイスがあれば、新たに費用発生がない
  • カメラよりも携帯性が良く、持ち物がカメラひとつ分、減る
  • 大きな画面と指先操作で誰にでもカンタンに扱える
  • 片手で操作できるため細かい箇所に手を入れての撮影にも対応できる
  • 専用アプリを用いることで写真管理や台帳作成がその場で行える

このようなポイントから、スマートデバイスであっても利便性は高く、作業効率もカメラに劣らない選択となります。

また、最近では高い耐久性を持つ現場用のスマホや、耐久性を大幅アップさせる別売りケースも数多く販売されています。iPhoneであれば、むき身でも完全防水、対粉塵となって数年経ちます総合的にメリットを享受できるのはスマートデバイスとも言えます。

一方、スマートデバイスであっても工種によって望ましいデバイスの大きさは異なります。代表的なのはタブレットとスマホの比較です。タブレット型は画面が大きくパソコンの代用にもなりうる半面、撮影に適合する工種は限られます。

スマホ型は片手で操作できる半面、画面も小さくなってしまいます(それでもデジタルカメラと比べれば画面は圧倒的に大きいです)。

カメラの大きさ以外にも、操作性という観点で比較できます。デバイスの基盤ソフトであるOS(オーエス)が無償かつ継続してアップデートされるタイプは、時代遅れになりにくく、カメラ以外の機能を持ったアプリも幅広く使えます。

一方、専用タブレットのように特定の業務に対して操作性と耐久性に特化させたタイプは大幅に業務を効率化できますが、アップデートは提供会社の開発スピードに寄ったり、有償コストとなったりします。

スマートデバイスで使える工事写真アプリ「ミライ工事」


スマートデバイスを撮影機材とする場合に、併せて利用したい基本無料のアプリをご紹介します。このアプリの利用も加味した上でカメラとスマートデバイスのどちらを採用するのか検討をおすすめします。

工事写真向けのアプリ「ミライ工事」には以下のような特徴があります。これらの機能によって、工事写真に関わる作業が現場で、片手で完了となります。

  • 撮影するだけで自動で写真台帳化
  • スマホだけで写真管理や台帳編集、提出が可能
  • 複数デバイスから同時編集可能(事務所と協力会社含む)
  • デジカメのデータも取り込み可能

撮影するだけで自動で写真台帳化

「ミライ工事」では、写真を撮影後、ボタン一つで写真台帳を作成できます。アプリ上で写真台帳に情報入力(写真テキスト)もできます。

電子黒板機能を使えば写真テキストの入力も不要です。電子黒板の内容が自動で写真テキストになるからです。そして、以下でご説明するように台帳作成に関する全ての作業がデバイス一台で可能になります。

スマホだけで写真管理や台帳編集、提出が可能

「ミライ工事」を利用する場合、基本的にはパソコン操作は不要です。撮影だけでなく写真管理もアプリ上で簡単に行えます。

写真データは自動でクラウド保存されるため、カメラと違い写真データをその都度パソコンに取り込む作業もなくなります。(「パソコン操作は不要」と説明しましたが、パソコン版もあり、インターネットさえ繋がればインストール不要で使えます。)

現場での空き時間などを使えば、写真を選定して情報入力したり、並び替えたりと台帳作成もその場で完了できる点は、カメラには無い大きな利点です。

複数デバイスから同時編集可能

一つのスマートデバイスだけでなく他のデバイスからも同時に利用できる点が「ミライ工事」の特徴です。これにより担当者が撮影・編集を行いつつ、同時に離れた場所にいる監督者がチェックできます。パソコンからも同じように使えるため、細かい編集を事務所にいる人に分担することも可能です。

デジカメのデータも取り込み可能

デジカメで撮影したデータもアプリ上に取り込めるため、現場によっては高性能カメラを使用したいという場合でも、「ミライ工事」を活用することが可能です。事前に作成した写真台帳の報告書に、写真を取り込むか、差替え撮影することもできます。

まとめ


工事現場によって最適な撮影機材は様々です。この記事で解説をしたポイントを参考にして、ご自身の環境に合った機材や撮影方法を検討していただければ幸いです。

記事の最後にご紹介した「ミライ工事」に関しては、以下のリンクより詳細を確認いただけますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

>>「ミライ工事」公式ウェブサイト


             

    アカウント(ユーザー)登録

    ユーザー登録すると、どなたでもPC版を利用できるようになります。PC版ではアプリで撮影された写真が自動でアップロードされ、パソコンからもアプリと同じ操作が可能になります。

    ユーザー登録はアプリからの操作になります。「i」マークから、ユーザー登録が完了するとアプリ画面に「ログインしています」と表示されるようになります。

    無料ダウンロードはこちらから